まろの英国ダイアリー

海外の地を踏んだことすらないままイギリスの高校に乗り込んだ18歳がお届けする奮闘記兼雑日記。

私は、ロンドンが好きだ。

ギャップイヤー取得を決めてからおよそ半年。

ロンドンでの三か月の生活もついに終盤を迎えてきました。日本への帰国の日が刻々と迫っております。

…自分でもこれを言うのは驚きなのですが、日本に帰りたくないです。(笑)

これは日本が嫌とかでは全くなくて(本場で日本食が食べれるのめちゃくちゃ楽しみにしています。ああああ松屋の牛丼!!!)、ロンドンでの生活が私にあまりにもフィットしてしまったんですね。

私がそう思う理由は三つです。

 

続きを読む

海外でも通じる日本語たち

渡英してから気が付いたんですが、英語の中にも意外と日本が起源の言葉があるものなんですねー。

今回はそんな、海外でも使われている日本語から来たであろう単語たちをいくつかご紹介します!

確かに日本文化に関する単語はそりゃあね!っていう感じかもしれないですが、私が渡英するまではここまで一般的な単語だと思わなかったものたちをピックアップしてみました。

続きを読む

【Aレベル受験対策】必ずおさえておきたい学習サイト

イギリスと日本でそれぞれ受験を経験した私が、イギリスの受験に関して一番思うことは…

参考書がない!!!!!!!!!

参考書をくれえええええって100000回くらい思いました。

これに沿って勉強すればA*(最高グレード)が取れるよ、っていう指南書がないんですね。

このプロセスに沿ってやればいい点が取れる、みたいな考え方も実はかなりアジアに偏ってるのかも、と日本含め中国・韓国などの受験を見ていて感じましたね。

イギリスの受験はもう少し…なんというか、テクニック重視ではない感じがします。

私の勝手な解釈ですが。

…とにかく、イギリスでA Levelを受験するなら基本的には有益なウェブサイトを見つけて勉強するのが王道かと思います。

(GCSEというA level の一つ前の資格には王道参考書であるCGPというものがあるのですが、A level では地位をかなり失っています。)

ということで、需要があるのかは未知数ですがA Level受験生に必須な学習サイトをまとめました。筆者の取っていた科目の影響により理系ヘビーです。

続きを読む

PPE:イギリスを牛耳る伝統学部

イギリスの大学の多くには通称PPEと呼ばれる大学学部があります。

 

これはPhilosophy, Politics and Economics (哲学・政治・経済)の略称であり、この学部はイギリス独自のものでしょう。

日本では見つからないであろうこの学部、イギリス内での位置付けと大学での学習内容についてまとめていきます。

続きを読む

わたしのホストファミリー【まろの留学ログ】

さて、今回は私自身の留学についてちょっとだけお話しします。

ホストファミリーについてです。

二年間の高校生活、まとめてみるとおよそ一年弱はホリデー(長期休み)でした。

このあたりはボーディングスクールの記事でもお話ししたのでそちらもどうぞ:

 

maroinengland.hatenablog.com

 長期休みの期間は、日本に帰る代わりにいつも決まったホストファミリーのおうちに泊めてもらっていました。

今回はそんな私のホストファミリーの話をまとめてみました。

これから留学を考えている人の参考となれば幸いです♪

続きを読む

続・英国のボーディングスクール(寮制学校)ってどんな感じ?

前回の記事にてボーディングスクールでの生活の様子やメリット・デメリットをご紹介しました。↓

maroinengland.hatenablog.com

 今回はその続きです!!!!

前回伝えきれなかった休日の過ごし方や休み期間についてお話します!

二年間住んでて当たり前と化してしまった生活…どれが普通の(?)生活と違い、どれが同じなのかが分からなくなっております。(笑) もし知りたい情報等ありましたらコメント等頂ければ記事にしますのでぜひ!

続きを読む

英国のボーディングスクール(寮制学校)ってどんな感じ?

私は2017年秋から2年間、イギリスのボーディングスクール(寮制学校)に通ってA Levelを取得しました。

*A level に関する情報はこちらをチェック:
maroinengland.hatenablog.com

さて、このボーディングスクール、どんな感じかイメージが湧かない方も多いはず。

今回はそんなボーディングスクールがどのようなところなのかお伝えします!

続きを読む